FC2ブログ

「有帆市まつり」

5月13日(日曜日)は、有帆ふるさとづくり協議会主催の「有帆市まつり」でした。
天候は朝から雨。まつりのスタッフの皆さんは交通誘導・バザー・屋台など本当にご苦労様です。
午後から体育館では、「鹿島壽」劇団の涙あり笑いありの人情芝居がありました。
芝居のストーリーは、美人だけど意地悪な長男の嫁がお舅さんをいじめるというものです。
お嫁さん役の役者さんは意地悪な演技がすごく上手で、迫真な演技にヤジを飛ばす観客との掛け合いも白熱して楽しませてくれました。
芝居の最後はお決まりの「happy-end」…でもお舅さんはまだ怖がっていましたね
ほっこりと感動させられました。

お芝居が終わると劇団長が観客をお見送りしてくれました。
劇団の皆様も大変お疲れさまでした。

帰路,芝居と現実を重ね合わせていたのでしょうか。
我が家には意地悪な嫁はいませんが  

kasima.jpg
〔美人だけど意地悪な嫁と可哀想なお舅さん〕        (写真は引用)          


柏餅の葉の名前が判明しました!

読者の方から投稿がありました。
ありがとうございます。
西日本地区で,柏餅の葉に多く使われているのは「サルトリイバラ」でした。
早速,HPで調べると次のような写真が掲載されていました。
サルトリイバラ-400x299

これです。これです。子供の頃に母と探したのを思い出しました。
この葉で餅を包むとこうなります。
mig.jpg

私の誕生日は5月なので子供の日と重ねて,母は毎年かかさず柏餅を作ってくれました。
最後に食したのはいつだったでしょう。昭和の贅沢なおやつでした。

gatag-00001499.jpg

なつかしい子供の日

明日はこどもの日です。皆さんはどんな思い出があるでしょうか?
私が子供の頃,毎年必ず母親が柏餅を作ってくれたのを思い出します。
毎年の事ですから,母親が前夜に小豆を炊きだすと匂いでわかるのです。
山に葉をさがしに行くのも楽しみのひとつでしたね。

きょうはスーパーで柏餅を買ってきて,父の仏壇に御供しました。
ところで,買ってきた柏餅の葉は間違いなく柏です。
我が家の柏餅の葉はこれに代わるものでした。
葉の採取は主に母と長男の私がしておりました。母から葉の名前を聞いてはいたのですが,植物に弱く忘れてしまいました。
葉が広く縁が丸いものでした。見るとわかるのですが,どなたか教えてください。
昭和の時代は結構なごちそうでした。

♪柱のキズはおととしの
五月五日の背比べ
kodomonohi.jpg



御来場ありがとうございます
プロフィール

若き旅人

Author:若き旅人
山陽小野田市内のパソコン教室(SOCパソコン教室)。パソコンを通じてインターネットの正しい使い方などゆっくりとしたペースですすめます。最近では、「パソコンすることで結果的に認知症予防につながる!」と、脳トレにもチャレンジしています。リンクには皆様のブログを掲載しております。こちらもどうぞご覧ください。
ホームページを開設しております。

リンク
最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる